長野県上田市 上田城跡公園ライブカメラ2と雨雲レーダー 

上田城跡公園ライブカメラ2
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「► カメラを見る」ボタンでライブカメラのページへ移動。

長野県上田市の上田城跡公園が見えるライブカメラです。

真田昌幸が上田城を築き始めたのは、天正11年(1583)のことです。当時は、更埴地方までが越後の上杉景勝、佐久郡までが関東の徳川家康の勢力下でした。当時、家康に臣属していた昌幸は、家康の援助を受けて上田城の築城を始めます。
 しかし、豊臣秀吉に対して背後の守りを固めるため、小田原の北条氏直と手を組もうとする徳川家康から、上州沼田領を北条方に譲るように命じられた昌幸は、これを拒絶します。これにより、徳川と断交した昌幸は、徳川軍の攻撃に備え、次男・幸村を上杉方に人質として差し出し、上杉景勝に築城とその他の援助を求めます。
参照:上田市役所 – 上田城の歴史

参照:UCVライブカメラ-信州上田の『今』をライブカメラ中継

ライブカメラ情報

カメラの種類:ライブカメラ

ライブカメラで長野県のお城・桜・紅葉のリアルタイムな映像(状況)が確認できます。 道路状況(降雨、積雪、路面、渋滞状況)、お天気(台風、ゲリラ豪雨)の確認、防災(河川の氾濫や水位、津波、地震)、防犯カメラとして役立ちます。

地図|ライブカメラの設置場所と雨雲レーダー

シェアする

フォローする

上田城跡公園ライブカメラ2
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!