京都府京都市 8月16日 大文字焼き「五山送り火」ライブカメラと雨雲レーダー 

8月16日 大文字焼き「五山送り火」ライブカメラ
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「► カメラを見る」ボタンでライブカメラのページへ移動。

京都府京都市の大文字焼き「五山送り火」が見えるライブカメラです。

『カメラを見る』をクリックし、「舟形」「妙」「法」「大文字」のどれかを選択すると、その文字の送り火のライブ画像が見られます。

「五山送り火」は8月16日の20時ごろ行われます。

8月16日夜、夏の夜空にくっきりと浮かび上がる、「五山の送り火」は、祇園祭と並び京都の夏を彩る風物詩として全国的にも有名です。「五山の送り火」は東山如意ヶ嶽の「大文字」がもっともよく知られ、ほかに松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近大北山(大文字山)の「左大文字」及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の五つを指します。(以前には「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に鈴」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺村)なども点火されていましたが、早く途絶えたといわれています。)
参照:www.gozan-okuribi.com

参照:「五山の送り火」ライブ配信

ライブカメラ情報

カメラの種類:ライブカメラ

ライブカメラで京都府のイベント・祭りのリアルタイムな映像(状況)が確認できます。 道路状況(降雨、積雪、路面、渋滞状況)、お天気(台風、ゲリラ豪雨)の確認、防災(河川の氾濫や水位、津波、地震)、防犯カメラとして役立ちます。

地図|ライブカメラの設置場所と雨雲レーダー

シェアする

フォローする

8月16日 大文字焼き「五山送り火」ライブカメラ
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!