鹿児島県屋久島 ウィルソン株360度パノラマカメラと雨雲レーダー 

ウィルソン株360度パノラマカメラ
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「► カメラを見る」ボタンでパノラマカメラのページへ移動。

鹿児島県屋久島にあるウィルソン株が見える360度パノラマカメラです。

ウィルソン株(ウィルソンかぶ)とは、屋久島にある屋久杉の切り株である。
1586年(天正14年)、牧村の五郎七が足場を組み、豊臣秀吉の命令により大坂城築城(京都の方広寺建立とも)の為に切られたといわれる。胸高周囲13.8m。ハーバード大学樹木園のための収集に、日本を訪れたアメリカの植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン (Ernest Henry Wilson) 博士により調査され、ソメイヨシノなど多くの桜などの収集とともに1914年に西洋文化圏に紹介され、後年この株の名前の由来となった。縄文杉発見(1966年)の52年前の調査である。
参照:ウィルソン株 – Wikipedia

参照:360Cities.net

360度パノラマカメラ情報

カメラの種類:360度パノラマカメラ

360度パノラマカメラで鹿児島県の山のキレイで臨場感あふれる映像が360度の全方向で確認できます。

地図|360度パノラマカメラの撮影場所と雨雲レーダー

シェアする

フォローする

ウィルソン株360度パノラマカメラ
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!