熊本県八代市 荒瀬ダム撤去工事ライブカメラ(3ヶ所)と雨雲レーダー 

荒瀬ダム撤去工事ライブカメラ(3ヶ所)
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「► カメラを見る」ボタンでライブカメラのページへ移動。

熊本県八代市の荒瀬ダム撤去工事が見えるライブカメラです。

『カメラを見る』をクリックし、ページ中央の「ライブ映像が見られます」の見たい『画像』をクリックすると、その場所の拡大されたライブ画像が見られます。

【ライブカメラ配信情報】 ライブ画像

【カメラ設置場所】

  • カメラ1(左岸上流)
  • カメラ2(左岸下流)
  • カメラ3(右岸下流)

【この場所の特長】

『荒瀬ダム』は、球磨川の河口から19.9㎞にある九州初の大型発電ダムです。このダムが出来たことにより、熊本県で消費される電力の16%が、ダムに隣接する藤本発電所から供給されるようになりました。しかし、球磨川の悠久の流れを制限したことにより、その代償は大きくのしかかりました。ダム周辺の水は淀み、アオコが発生し、発電所の周辺では悪臭が立ちこめるようになりました。水質の悪化だけでなく、洪水被害の拡大や、放水による振動被害など、多くの問題が併発する事態となってしまいます。平成22年3月31日、水利使用許可期間満了に伴って発電を停止し、河川内工作物である荒瀬ダム、取水施設及び放水路の撤去を行なうことになりました。平成24年度から6年計画で撤去工事が実施されています。ダムの撤去に伴い、淀んで悪臭をはなっていた球磨川は、以前のようにきれいになっています。

参照:荒瀬ダム:工事Webサイト (熊本県八代市)

ライブカメラ情報

カメラの種類:ライブカメラ

ライブカメラで熊本県のダムのリアルタイムな映像(状況)が確認できます。 道路状況(降雨、積雪、路面、渋滞状況)、お天気(台風、ゲリラ豪雨)の確認、防災(河川の氾濫や水位、津波、地震)、防犯カメラとして役立ちます。

地図|ライブカメラの設置場所と雨雲レーダー

シェアする

フォローする

荒瀬ダム撤去工事ライブカメラ(3ヶ所)
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!