沖縄県那覇市 壺屋“やちむん通り”ライブカメラと雨雲レーダー 

壺屋“やちむん通り”ライブカメラ
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「► カメラを見る」ボタンでライブカメラのページへ移動。

沖縄県那覇市の壺屋“やちむん通り”が見えるライブカメラです。

琉球石灰岩の石畳が敷き詰められた「焼物のまち壷屋」やちむん通り。壷屋は、300年余りの歴史があり、琉球王朝時代の1682年(天和2年)、当時の王府は、美里村(現沖縄市)の知花、首里の宝口、那覇の湧田にあった窯元を壺屋に統合して、陶器作りを盛んにさせたとの記録が残っています。 その歴史を物語る場所として真っ先に立ち寄りたいのが「南窯」。ガジュマルなどの緑に囲まれ、神聖な空気が漂っています。 傾斜地を利用して作られた窯は、幅3メートル、長さ20メートルのかまぼこ型で、窯の上は赤がわら屋根で覆われ、窯 を風雨から守っている様子がよく分かります。現在は使われていませんが、壷屋で現存する唯一の登り窯です。
参照:やちむん通り|那覇ナビ

参照:壺屋“やちむん通り”ライブカメラ

ライブカメラ情報

カメラの種類:ライブカメラ

ライブカメラで沖縄県の道路のリアルタイムな映像(状況)が確認できます。 道路状況(降雨、積雪、路面、渋滞状況)、お天気(台風、ゲリラ豪雨)の確認、防災(河川の氾濫や水位、津波、地震)、防犯カメラとして役立ちます。

地図|ライブカメラの設置場所と雨雲レーダー

シェアする

フォローする

壺屋“やちむん通り”ライブカメラ
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!