高知県土佐市 仁淀川河口の360度パノラマカメラと雨雲レーダー 

仁淀川河口の360度パノラマカメラ
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「► カメラを見る」ボタンでパノラマカメラのページへ移動。

高知県土佐市:仁淀川河口の360度パノラマカメラです。
土佐市をバーチャル体験できます。

1977年に、黒潮ラインの一部として仁淀川河口大橋が開通した。当初は有料道路だったが2001年4月に無料開放された。高知県内有数のサーフスポットであり、一年中サーファーの姿が見られる。また、シラスウナギ漁が盛んであり、漁が解禁される12月から翌年3月にかけて河原や周辺の海岸にはブルーシート製の作業小屋が並ぶ。小屋内ではタモで掬ったシラスウナギを雑魚と選別する作業がおこなわれている。
ウィキペディアより

参照:http://www.city.tosa.lg.jp/

360度パノラマカメラ情報

カメラの種類:360度パノラマカメラ

360度パノラマカメラで高知県の海・港のキレイで臨場感あふれる映像が360度の全方向で確認できます。

地図|360度パノラマカメラの撮影場所と雨雲レーダー

シェアする

フォローする

仁淀川河口の360度パノラマカメラ
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!