鉄道ファン必見!青函トンネル「竜飛海底駅」の360度パノラマカメラと雨雲レーダー

広告
鉄道ファン必見!青函トンネル「竜飛海底駅」の360度パノラマカメラ
※この画像はサンプルです。ページ中央にある「►パノラマカメラを見る」ボタンでパノラマカメラのページへ移動。

本州と北海道を結ぶ青函トンネルの「竜飛海底駅(青森県外ケ浜町、海面下135メートル)」が見える360度パノラマカメラです。
参照:パノラマ写真 – MSN産経フォト

1988年の青函トンネル開業時、竜飛海底駅と吉岡海底駅(北海道福島町)を緊急避難用に設置した。普段は使用されず、見学者のために列車が止まっていた。しかし、北海道新幹線開業に伴い、青函トンネル内にあるJR海峡線・竜飛海底駅(青森県外ケ浜町、海面下135メートル)の見学ツアーが11月10日で終了する。
参照:青函トンネル「竜飛海底駅」間もなく見納め【360°パノラマ】 – MSN産経フォト

360度パノラマカメラ情報

カメラの種類:360度パノラマカメラ

360度パノラマカメラで青森県の駅・電車のキレイで臨場感あふれる映像が360度の全方向で確認できます。

地図と雨雲レーダー

360度パノラマカメラの撮影場所周辺の地図をYahoo!地図で表示します。
旅行や出張前の事前チェックにご活用ください。

Googleマップ(ストリートビュー)

360度パノラマカメラの撮影場所周辺の地図をGoogleマップで表示します。
Googleマップでは、ストリートビューを表示することができ上下左右360°の全方向の映像を見ることができます。

「青函トンネル」のYouTube動画

「青函トンネル」に関するYouTube動画を連続再生します。
360度パノラマカメラが見れない時、旅行や出張前の下調べなどにご活用ください。

広告

シェアする

フォローする

鉄道ファン必見!青函トンネル「竜飛海底駅」の360度パノラマカメラ
この記事をお届けした
ライブカメラマップの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!