台風14号情報まとめ:関連するライブカメラ・その他情報

台風14号情報まとめ:関連するライブカメラ・その他情報
スポンサーリンク

台風14号に関する情報をまとめています。

台風14号は伊豆諸島の南部から次第に遠ざかり、雨も峠を越えましたが、伊豆諸島南部では記録的な大雨の影響で地盤が緩んでいるため、土砂災害への警戒が必要です。

気象庁によりますと、台風14号は11日午前9時には伊豆諸島の八丈島の南南東160キロの海上を1時間に20キロの速さで東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、暴風域はありませんが中心の北東側390キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は伊豆諸島の南部から次第に遠ざかっていてこのあと南寄りに進路を変える見込みです。

伊豆諸島南部では記録的な大雨となり、今月6日の降り始めから11日午前8時までの雨量は▽八丈島で709.5ミリ、▽三宅島の坪田で599ミリと、いずれも平年の10月、1か月分の雨量のおよそ1.5倍に達しています。

NHKのNEWS WEBでは台風に関する情報をまとめた特設ページも用意されています。
ニュース特設 台風情報

参照:NHK NEWS WEB

ライブカメラによる台風情報

今後台風の接近にともなってライブカメラが追加される予定です。

JTWC(米軍)による台風進路の予測

JTWC(合同台風警報センター)の台風の進路予想は非常に正確で速いといわれています。

JTWC(米軍)による台風進路の予測 2020.10.11 09:00時点

JTWC(米軍)による台風進路の予測 2020.10.11 09:00時点

地図上のZの時間表記は協定世界時で表されており、日本時間にするには9時間を足します。

例えば、11/06Zであれば、11日15時となります。

最新情報を見るには下記JTWCのリンクをクリックして、画面右サイドメニューの
「Tropical Depression 16W (Sixteen) 」の「TC Warning Graphic」をクリックすると台風の予想進路図が表示されます。

JTWC(合同台風警報センター)

気象庁による台風進路の予測

JTWCと併せて、気象庁による予測も確認することをおすすめします。
台風情報

雨雲レーダーで台風の動きを把握

台風はまだ雨雲レーダーの範囲には入っていません。

雨雲レーダーは5分毎に更新され、ほぼリアルタイムの雨雲を観測することができます。

►Windy地図(雨雲レーダー)

リアルタイム気象マップでは、リアルタイムに気象情報(雨雲・雪・風向き・波の高さなど)を確認することができます。
► リアルタイム気象マップ

都道府県別の雨雲レーダー・天気予報とライブカメラ

都道府県別の雨雲レーダー・天気予報(天気概況)とライブカメラを表示します。

北海道 青森県 秋田県 山形県 岩手県 宮城県 福島県
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
台風14号情報まとめ:関連するライブカメラ・その他情報
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
当サイト「ライブカメラ検索マップ」をフォローする
ライブカメラ検索マップ