パソコン不要のライブカメラ・ライブ配信は「LiveShell X」

お店やホテル・旅館などから景色などをライブ配信する場合、ライブカメラをパソコンに接続してライブ映像を配信するのが一般的です。ライブ配信用のパソコンは専用機として常に電源を入れっぱなしで場所もとります。
Cerevo社の「LiveShell」シリーズのライブ配信機器は、小型で場所もとらず、安定と機動性を両立しています。
パソコン不要の快適なライブ配信が実現できる「LiveShell」シリーズを試してみてはいかがでしょうか。

Cerevo ライブ配信 LiveShell X フルHD H.265 SD録画 CDP-LS04A

liveshellx
► Amazonで「LiveShell X」を購入► 実際の「LiveShell X」の映像を見る

LiveShell X はPC不要のライブ配信&録画デバイスです。

最大1080/60pのライブ配信機能、複数サービスへの同時ライブ配信機能、microSDカードへの録画機能など多彩な機能を搭載。

さらに業務ユースに耐える安定性・堅牢性を備え、透過テロップの差し込みにも対応した、業界最強クラスのライブ配信機器です。

最大1080/60pのフルHD画質、H.265にも対応

最大1080/60pのフルHD画質、H.265にも対応LiveShell Xは最大1080/60pのフルHD画質をサポートしており、従来モデルと比較して圧倒的に高画質なライブ配信が可能になります。

また、最新の動画圧縮規格「H.265」もサポートし、H.264と比較して半分程度のビットレートで同等の画質、同等のビットレートであれば倍の画質を実現できます。

本体単体で録画できる機能を搭載

本体単体で録画できる機能を搭載本体側面にSDXC対応のmicroSDカードスロットを搭載、最大1080/60pの高画質映像を本体のみで録画できます。
ライブ配信との同時録画にも対応し、一時停止やテロップ、静止画などを挿入したライブ配信の映像を記録できます。

最大3サービスまでの同時ライブ配信に対応

最大3サービスまでの同時ライブ配信に対応最大3つまでの配信サービスへ同時にライブ配信することが可能です。
異なる配信サービスはもちろん、同じ配信サービスの別アカウントを設定し、バックアップとして利用することも可能です。

透過PNGをサポート

LiveShellシリーズで搭載している画像挿入機能で、ご要望の多かった透過PNGをサポートしました。
画像の背景を透過したPNG画像を使うことで、テキストやロゴのみをライブ配信映像に重ねて表示することができます。

リアルタイムプレビュー

「VLC Player」などのアプリケーションを利用することで、ライブ配信や録画中の映像をタブレットやPCで同時にストリーミング再生することができます。
HDMIディスプレイや分配器などを別途用意することなく、ほぼリアルタイムにライブ配信の映像を確認できます。

多彩なライブ配信サービスに対応し、従来からの機能も利便性を向上

Ustreamやニコニコ生放送、YouTube Live、ツイキャス、Twitch、AbemaTV FRESH!(対応予定)、SHOWROOM(対応予定)など、数多くの映像配信サービスに対応。

また、専用サーバーを用いた独自配信、LAN内でクローズドに配信できるローカルモードといった機能も搭載、オリジナルの配信サービスを構築することも可能です。

アナログ音声入力や5GHz帯の無線LAN、有線LANなど従来モデルの機能も引き続き搭載。
Dashboardも新機能に合わせてインターフェイスをリニューアル。
最大3つの配信や録画の操作といった新機能はもちろん、回線状況に合わせた細かな設定変更も可能です。

► Amazonで「LiveShell X」を購入► 実際の「LiveShell X」の映像を見る
► 全国のライブカメラを見る

シェアする

フォローする