万博記念公園 太陽の塔 ライブカメラと雨雲レーダー/大阪府吹田市

万博記念公園 太陽の塔 ライブカメラと雨雲レーダー/大阪府吹田市大阪府
※この画像はサンプルです。ページ中央「ライブカメラを見る」をご覧ください。
スポンサーリンク

万博記念公園 太陽の塔 ライブカメラと雨雲レーダーについて

大阪府吹田市千里万博公園の太陽の塔が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。
ライブカメラは、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所により運営されており、太陽の塔近くに設置されています。

太陽の塔や万博公園の様子、周辺の天気などがライブ映像で確認できます。

台風や大雨、道路の冠水、地震などの自然災害が発生した際は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。

太陽の塔の手前には中国自動車道(中国吹田インター)と大阪モノレール(万博記念公園駅)が通っています。

雨雲レーダーでは、万博公園を中心とした吹田市周辺の雨雲の様子をリアルタイムに確認することができます。お出かけ前に雨雲の動きをみて、天気予報に役立てることができます。

ライブカメラを見る

ライブカメラのページを開くには下記ボタンをクリックします。

► ライブカメラページを見る

参照:万博記念公園

太陽の塔について [出典:wikipedia]

太陽の塔(たいようのとう)は、1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会(EXPO'70・大阪万博)の会場に、芸術家の岡本太郎が制作した芸術作品であり建造物である。岡本太郎の代表作の1つである。太陽の塔は、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も引き続き万博記念公園に残された。モデルは、岡本太郎が飼っていたカラス。 外観 塔の高さ70m、基底部の直径20m、腕の長さ25m。未来を表す上部の黄金の顔(直径10.6m、目の直径2m)、現在を表す正面胴体部の太陽の顔(直径12m)、過去を表す背面に描かれた黒い太陽(直径8m)の3つの顔を持つ。大手ゼネコン3社が手を組み、造船技術を用いて鉄骨鉄筋コンクリート構造で建設されているが、太陽の顔は軽量化のためガラス繊維強化プラスチックで造られている。制作はスーパーレジン工業(現:セブンドリーマーズ)。岡本はこの顔に特にこだわり、自身の手で削り修正を加え続けた。顔の表面の凹凸は創業者渡邊源雄のアイデアで、硬質ウレタンを粉砕したものを接着し表現している。
► もっと見る

ライブカメラ情報

ライブカメラで大阪府の街のリアルタイムな映像が確認できます。

ライブカメラ配信情報

配信種類静止画
配信期間・時間365日・24時間

万博記念公園周辺のその他のライブカメラ

万博記念公園周辺のその他のライブカメラを地図上に表示します。

► 万博記念公園周辺のその他のライブカメラを見る

万博記念公園の周辺地図と雨雲レーダー

万博記念公園の周辺地図と雨雲レーダーをYahoo!地図で表示します。旅行や出張前の天候チェックにご活用ください。

万博記念公園の周辺地図(Googleマップ)

万博記念公園の周辺地図をGoogleマップで表示します。
Googleマップでは、ストリートビューを表示することができ上下左右360°の全方向の映像を見ることができます。

「太陽の塔」のYouTube動画

「太陽の塔」に関するYouTube動画を連続再生します。
ライブカメラが見られない場合や、旅行や出張前の下調べなどにご活用ください。

万博記念公園 太陽の塔 ライブカメラと雨雲レーダー/大阪府吹田市
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大阪府
スポンサーリンク
シェアする
当サイト「ライブカメラ検索マップ」をフォローする
ライブカメラ検索マップ