停止中:年末寒波 各地の状況 ライブカメラ(NHK)と雨雲レーダー

停止中:年末寒波 各地の状況 ライブカメラ(NHK)と雨雲レーダー 広域
※この画像はサンプルです。ページ中央「ライブカメラを見る」をご覧ください。
広告

年末寒波 各地の状況 ライブカメラ(NHK)と雨雲レーダーについて

強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側では山沿いを中心に大雪となりました。大雪のピークは過ぎつつありますが、日本海側では30日も断続的に雪が降る見込みで、それにともないNHKでは限定配信により、各地の様子をライブ配信しています。

ライブカメラは、河川の氾濫、道路の冠水、積雪の様子など被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。

気象庁によりますと、強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の上空には強い寒気が流れ込み、日本海側の山沿いを中心に大雪となりました。

午前6時の積雪は、
▽山形県大蔵村肘折で1メートル55センチ、
▽群馬県みなかみ町藤原で1メートル33センチ、
▽福島県檜枝岐村で1メートル26センチ、
▽新潟県津南町で1メートル18センチ、
▽鳥取県智頭町で43センチなどとなっていて、
多いところでは3日間に1メートル以上の雪が降りました。

また、東海や近畿北部、中国地方の平地でも雪が積もり、午前6時の積雪は、
▽滋賀県米原市で6センチ、
▽鳥取市と岐阜市で3センチなどとなっています。

大雪のピークは過ぎつつありますが、30日も日本海側では断続的に雪が降る見込みで、31日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで
▽北海道と関東甲信で50センチ
▽東北と新潟県で40センチ、
▽中国地方で30センチ、
▽北陸で25センチ、
▽近畿で20センチなどとなっています。

雨雲レーダーでは、リアルタイムに雨雲の様子を確認することができます。
► 日本全国の雨雲レーダーと天気予報

ライブカメラは各地の様子を確認することができ、配信される場所は自動的に切り替わっていきます。

現在(2018.12.29 11:18)は北海道 函館と山形 鶴岡のライブ映像を見ることができます。

ライブカメラを見る

※現在こちらのカメラのライブ配信は停止しています。

参照:NHK NEWS WEB

ライブカメラ情報

ライブカメラで広域の期間限定のリアルタイムな映像が確認できます。

ライブカメラ配信情報

配信種類動画
配信期間・時間期間限定・24時間
停止中:年末寒波 各地の状況 ライブカメラ(NHK)と雨雲レーダー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
広域
広告
シェアする
当サイト「ライブカメラ検索マップ」をフォローする
ライブカメラ検索マップ